感想というより妄想

スタミュ(2期)10話まで見ました。

今のところ、辰己くんの目立った活躍がなく(歌も1回しか歌ってないし絵文字
すごく残念なのですが、
辰己くんが星谷くんを大好きなんだな~とわかる
うれしい場面がいくらかあったので書いてみます絵文字

2話・・・
   星谷くんのことで揚羽くんに意見する辰己くん
   「星谷は確かに未熟だよ。だけど、それだけじゃない。」

   ↑厳しさもあり、優しさもある。
    辰己くんの、かっこよさの一つ。
   

   

3話・・・
   辰己くんが、星谷くんに言うセリフ
   「君は太陽だ。重苦しい空気を吹き飛ばす、きらめく存在だよ」

   ↑これは翻訳すると「星谷、きみが大好きだ」
    という意味ですね!


10話・・・
   「いってらっしゃい、柊せんぱーい」と
    星谷くんのあとに、さけぶ辰己くん

    ↑星谷くんと同じ行動をとるというのが、
    好きだと言っているようなもの。
    辰己くんのこういう素直な所も好きです。



細かい部分を入れると、まだ他にもありますが、
わかりやすいのは、この3つの場面かなと思います。

深読みしすぎですかね?
まあ、いいです。勘違いでも。

星谷くんになったつもりで、これらの場面を見ると、
まるで自分が辰己くんに愛されているかのような気分に
なれるという特典がついてくる(笑)

9話は卯川くんになったつもりで見ると、
辰己くんが気を使って、声をかけてくれるので
幸せ気分を味わえます絵文字絵文字


辰己くんと星谷くんは、いずれは一番のライバルとして
認め合う仲になる、
そして、親友になると思っています。
というか、なってほしい。

そうなった時、辰己くんの幼なじみ、栄吾くんはというと

栄吾くんは、辰己くんが幸せになる事を心から願っていると思うので、
2人が仲良くなることは、喜ぶと思います。
だけど、ちょっと寂しさもある・・・
そんな栄吾くんを海斗くんが気にかけるようになって
そこから栄吾くんと海斗くんの仲が深まっていって・・・・・

私の妄想も深まっていく・・・絵文字
もう、やめときます。

こんな感じで辰己くんたちの未来を
勝手に想像しながら、スタミュを楽しんでます。
もうすぐ最終回で寂しいですが。

長くなりました。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございました絵文字絵文字












      

     



関連記事
NO IMAGE
感想というより妄想 (06月10日)
NO IMAGE
ミュージカル♪ (09月19日)
NO IMAGE
家電のお店に・・・ (11月07日)